■  取扱車種

最新取扱車種はこちらを

 ■  車名、ネーミングの由来

●アクティ
  ACTY:英語の「ACTIVE(活動的な)」からの造語です。仕事にレジャーに、
いつもキビキビ働いてくれる車、というところから名付けました。バン、トラック
及びダンプ・リフター・冷凍車・保冷車など、バリエーション豊富な働きものです。

●アコード
  ACCORD:英語で「調和」「一致」という意味。FF 2ボックスの世界的流行の
先駆けとなったシビックに続いてHondaが世に問うたFF上級サルーンである
「アコード」。「人とクルマとを、いかに快適に結び付け“調和”をさせるか」という
テーマを高い次元で満たしたこのクルマに名付けました。また、さらに走行性能
を高め「ヨーロッパの〜」を意味する「EURO」を冠したユーロRもラインナップに加え、
さらに高い水準での走りを提案しています。

●インスパイア
  INSPIRE:インスパイア(INSPIRE)には「INSPIRATION(インスピレーション)、
霊感(ひらめき)を与え、感動させる」という意味があります。高級車の在り方を
新たな視線から見つめ直したインスパイア。スポーティでシャープな響きをもつ
ネーミングがリニアで高質な走りを予感させます。

●インテグラ
  INTEGRA:「integrate(統合する、完全にする)」からの造語です。初代クイント
インテグラから数えて第4世代となる現行型は、走りの性能を極めるタイプRを
メイングレードとして開発、エンジンからボディ、足回り、インテリアにいたるまで、
クルマを構成するすべての要素を「統合」し、まさに「完全」なものとして登場しました。

●エアウェイブ
  AIRWAVE:空気の流れ(風)が感じられる、洗練されたスタイルで、明るく、広く、
開放感あふれる室内空間を持ち、自然との一体感を創造する爽快感あふれる
クルマ、という意味を込めたネーミングです。

●S2000
  S2000:往年のSシリーズ(S500、S600、S800)の現代版として、Hondaの
スポーツカー技術の結晶であることを象徴する「S」を継承し、2000ccの排気量
を持つことを意味する「2000」を合わせて命名。2000年代の新たな時代を代表
するスポーツカーとしての自負の意味も込められています。

●エディックス
  英語の「Edit」と「Six」からの造語。ひとりから6人まで楽しさを思い思いに
編集(edit)することができる6(six)人乗りミニバン、という意味合いを込めた
ネーミングです。

●FCX
  「FCX」の「FC」はFuel Cell、つまり燃料電池の略です。「X」には未知数
という意味があり、大きな可能性を持った未来技術のクルマという意味で、
ネーミングされました。

●エリシオン
  ギリシャ神話の叙事詩「オデッセイア」に登場する楽園の名前。乗る人
すべてが上質な時間を楽しむことができるクルマ、という思いを込めました。

●オデッセイ
  ODYSSEY:オデッセイは「長い冒険旅行」という意味。語源は、古代
ギリシャの長編叙事詩「Odysseia(オデッセイア/主人公オデッセウスが
体験する10年間の冒険物語)」からきたもの。ロング・ドライブでも、家族や
仲間がみんな一緒に快適に安全にワクワクドキドキの冒険旅行が楽しめる、
そんな思いを込めて命名されました。

●クロスロード
  CROSSROAD:英語で[交差点、十字路]の意味。人々の趣味、想い、
夢、可能性が果てしなく広がる、未来への旅立ち・出会いの出発点となる
クルマ、という意味合いを込めたネーミングです。

●ザッツ
  That's=That isの略。若い人たちとの日常生活の中で、お気に入りの
モノを選ぶような感覚でクルマも選んでほしい。そんなクルマと人との
新しいつきあい方の提案として「あれだッ。」と思わず言ってしまうような
親しみをもてる存在のクルマになれれば、という気持ちを込め名づけられました。

●CR-V
  CR-V:Comfortable Runabout Vehicleの頭文字をとって名付けられ
ました。気軽に使える乗用車としての快適さと、使うスタイルを選ばない
クロスカントリー車のタフさを兼ね備え、都市からフィールドまで、いつでも、
どこでも、気軽に、気持ち良く走れるクルマです。

●シビック
  CIVIC:英語で「市民の」という意味。昭和47年(1972年)当時、誰も
創造できなかった新鮮なフォルムで登場したシビック。FF、四輪独立懸架、
OHCエンジン、コンパクトなボディサイズに対してゆとりある居住空間等々、
常識を覆す設計の数々は、すべて「市民の」ためのクルマを徹底して
追求していった結果に他なりません。以後いつの時代も、シビックは
クルマ社会をリードしてきました。

●ステップワゴン
  STEP WGN:ステップワゴンをお買い求めいただいたお客さまが、
家族みんなで新しい生活を創り出せそうな“予感・気持ち”を表現して
います。WGNは、今までに見ることができなかった新しいジャンルの
クルマのカテゴリーを示しています。

●ストリーム
  STREAM:英語で「流れ、時流」を意味する言葉。走りを予感
させる低重心かつ流麗なフォルムを表現するとともに、従来の
ミニバンでは成し得なかったスタイル・快適・走りの高次元な融合
により、21世紀へ向けたまったく新しい7シーターの潮流を創り出す
という意思を込めてネーミングしました。

●ゼスト
  ZEST:英語で”ビリっとした”刺激・魅力、熱情、楽しみ・風味を
添えるモノという意味。「刺激的な楽しさで、生活を豊かに広げる
クルマ」として使っていただきたい、という意味を込めて名づけました。

●パートナー
  PARTNER:英語で「相手、仲間」を意味する言葉。ハードなビジネス
の心強い仲間、良き相棒として、末永くお付き合いしていただけるように
との願いを込めてネーミングしました。

●バモス
  VAMOS:スペイン語で「さあ、行こう!」という意味(英語のLet's Go!
に相当する言葉)。スクエアで効率の良いボディスタイルによる広い
室内空間で、お客さまに新たなエンジョイをもたらすクルマでありたい
という願いを込めて命名しました。

●バモスホビオ
  「ホビオ(Hobio)」とは、エスペラント語で「趣味」という意味です。
“豊かな創造性と遊びのアイデアを大切にしたい趣味人にとって、
いつも欠かせない存在であって欲しい”という意志を込めた
ネーミングです。

●フィット
  FIT:英語でぴったりという意味。生活のあらゆるシーンに「ぴったり
フィットする」クルマでありたいという願いを込めて命名されました。
低燃費、高トルクを高い次元でバランス、日常のさまざまなシーンに
ジャストフィットする室内の多彩 なアレンジなど、思い立ったそのときの
その使い方にジャストフィットするクルマとして開発しています。

●フィット アリア
  ARIA:アリアとはオペラの中で歌われる独唱曲のこと。音楽のように
あらゆる人の心を自由に解き放ち、乗る人が感じるままに、歌うように
走る歓びをもたらすクルマ、という意味を込めたネーミングです。

●モビリオ
  MOBILIO:mobility(移動体)、mobile(移動しやすい)からの造語。
新しいスタイルのモビリティーライフを提案するクルマ、という意志を
込めて命名されたネーミングです。

●モビリオ スパイク
  モビリオの意味は既述。Spike:スパイクとは英語で「釘、先の尖った
もの」という意味。「何事にもこだわりを忘れずとがっていたい」そんな
冒険心や個性を大切にするクルマ、という意味を込め命名しました。

●ライフ
  LIFE:Lifeは「生活」「人生」「生命」という意味。日常の使い勝手の
良さや、快適性、そして安全と環境。毎日気持ち良く使え、生活を
楽しく演出できるクルマとしてネーミングされました。Kムーバーとして
登場したライフは、さらに楽しく快適に使えるクルマとなっています。

●レジェンド
  LEGEND:英語で「伝説」という意味。Hondaが、創業以来初めて
手掛けた2Lを超える高級車に対して、これからのHonda車の“伝説”
として末永くそのクオリティー、クルマ創りの思想が語り継がれて
いくように願って名付けられたものです。その“伝説”を形作っていく
ために、入念に仕上げられ、高い品質を誇っていることは皆さん
ご存知のことと思います。

 ■  取扱車種 

ストリーム オデッセイ ステップワゴン エリシオン

ZEST ライフ エアウエイブ フィット

ザッツ S2000 アコードユーロR

シビック アコード レジェンド インスパイア

CR−V アコードワゴン モビリオ モビリオスパイク

エディックス フィットアリア パートナー アクテイトラック

バモス バモスホビオ アクテイバン


生産終了
インテグラタイプR
アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業