■  S2000 ハブベアリング 異音

S2000 AP1

リア左側より低速走行時にゴムが擦れるような
かなり大きい異音がします。

通常はゴーゴー音ですがキュルキュルゴー音
でした、、、、?

分解してみるとハブのシャフト部分がフレッティング
でかなり磨耗しています。


 ■  ホイールボルト折損

タイヤをとめるホイールボルトが折損して、危機一髪でした。
非常に怖さを感じます。
CIMG2186.JPG

こんなふうに折れていたら、、、、
CIMG2187.JPG

原因はタイヤホイールにあります。
適応外のホイールを個人で取り付けたことにより、ボルトが完全に締まった
状態で取り付いていなかったことが原因です。(乗り上げていた、、、)
当然当社ではこのようなことはありえませんのでご安心を!
当社のメカニックなら取り付けた状態で解ると思います。

適応外のホイールを付けたことにより、ホイールにもクラックが入り、かなり危険
な状態です。
CIMG2188.JPG

 ■  ブレーキトラブル

友人のストリームがブレーキトラブルで入庫してきました。
ホイールを外してみるとビックリです。
ブレーキパッドのパッド部分がなくなり、裏金の部分のみです。

CIMG2178.JPG
上の画像がついていたもので、下が新品です。

CIMG2179.JPG
新品はこんな具合です。
手前の鉄のプレートがセンサーで、パッドの残量がなくなると、
ブレーキローターと接触して、「キーキー」と音を発して交換時期
をしらせるのですが、、、

CIMG2180.JPG
右側が新品ですが、左側はパッドがなくなり、裏金の部分が
ブレーキローターと接触して、レコード盤のようになっています。

CIMG2181.JPG
裏金の部分です。ここまで使用しないように、、、、

出費がかさむだけでなく、非常に危険です。

 ■  タイミングベルト交換

CIMG2165.JPG
タイミングベルト交換の為にヘッドカバーをはずしたところです。
ちょっと熱が入ってアルミが焼けています。

CIMG2164.JPG
カムオイルシールが劣化して多少オイル漏れがおきています。
デスビキャップにクラックが入り水が浸入して赤錆が出ています。
この段階で発見されたので、大きなトラブルにはならなかったと思います。

 ■  ブレーキキャリパーピストンの固着

CIMG2149.JPG
最近、ユーザー車検、安売り車検の影響でブレーキキャリパーピストンの固着が多くみられます。
原因は、ブレーキ液の交換をしないで走行していると、ブレーキ液の水分が、鉄製のブレーキピストンを錆させて段々と動きを悪くするのです。ちょっと解説するとブレーキ液は吸湿性がある為、空気にふれると空気中の水分を吸うのです。 ブレーキ液はエンジンオイルなどと違って水と非常に相性が良く、お互いが融けてしまうのです。(エンジンオイルと違って水と分離しないのです。)  いい加減な整備工場、
ガソリンスタンド、カーショップなどで多く見られます。(きちんとやっているところもありますが、、、)
要するにエア抜きをキャリパー側でしないとこうなります。
安全の為にも信頼あるところで、作業しましょう!

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業